ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webサービスは無数にあります。そんなWebサービスがどんなアーキテクチャで作られているのか気になったりしないでしょうか。同じアーキテクチャにすれば良いわけではないですが、真似したくなる気持ちも分かります。

そんな調査に使えるのがWADです。フレームワークやWebサーバ、言語などが分かります。

WADの使い方

実行例です。Webサーバやアプリケーションフレームワーク、言語が分かります。

$ wad -u https://www.moongift.jp/
{
    "https://www.moongift.jp/": [
        {
            "app": "Nginx",
            "ver": "1.XX.X",
            "type": "Web Servers,Reverse Proxy"
        },
        {
            "app": "Ruby on Rails",
            "ver": null,
            "type": "Web Application Frameworks"
        },
        :
        {
            "app": "Ruby",
            "ver": null,
            "type": "Programming Languages"
        }
    ]
}

GitHubで実行するとRuby on Railsと出ます。しかしキャッシュサーバをフロントで立てている場合は、そちらの方が出てしまうケースもありました。すべてのサイトで使える訳ではありませんが、気になるあのサイトで実行してみるのは面白そうです。

WADはPython製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

CERN-CERT/WAD: Web application/technology detection tool

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2