ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

macOSでは画面上部にメニューバーが用意されています。ここには常駐型のソフトウェアが表示され、アイコンから設定を変更したり、ステータスの確認が素早くできるようになっています。

そんなメニューバーへ自由に情報を表示できるのがxbarです。かつてはBitBarとして知られたソフトウェアのリブートです。

xbarの使い方

サービスの状態を見たり、温度を表示したりと自由自在です。

設定で情報の追加や削除ができます。

xbarはあらかじめ決められたAPIに合わせて情報を出力するだけでメニューバーに情報を表示できます。言語は自由でBashやRuby、Pythonなどの言語でプラグインが作成できます。自社オリジナルのプラグインを作ることも容易でしょう。

xbarはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Welcome to xbar

matryer/xbar: Put the output from any script or program into your macOS Menu Bar (the BitBar reboot)

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2