ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

サーバ構成を自動化するのに最もよく使われると思われるのがAnsibleです。タスクを登録しておけば、自動的に実行してくれます。しかし、実行結果が問題なかったかどうかは一覧で見られると便利です。

今回紹介するsemaphoreはそんなAnsible用のモダンな管理画面を提供します。

semaphoreの使い方

ダッシュボードです。結果が一覧されています。

実行ログです。

失敗した場合。

タスクのテンプレート。

新しいタスクの登録。

鍵の管理。

プレイブックのリポジトリ。

ユーザ管理。

semaphoreを使えばAnsibleをWeb上で管理でき、結果を素早く確認できます。個人でAnsibleを運用するなら不要かも知れませんが、チーム体制で運用するならば管理画面は必要でしょう。semaphoreはきっと役立つはずです。

semaphoreはGo製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ansible-semaphore/semaphore: Modern UI for Ansible

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2