ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラミングを行う際にはフォントにも気を配りましょう。可読性の高いフォント、打ち間違いを防ぐフォントを選ぶことで、より開発効率を高められます。英語の見間違いが起きやすい1とl、Iなどはきちんと見分けられるでしょうか。

今回紹介するLilexはかなり特徴的なプログラミングフォントになります。言語によっては見やすくなることでしょう。

Lilexの使い方

アローファンクション(=>)のような書き方をすると結合します。これはよくありますね。

3つのイコールもくっつきます。

_を2つ書いた場合にもつながります。

さらに-> や .= も特徴的です。

ほかにも <= や => も結合されます。

以上以下といった表現がまったく別な文字になるので、これで気付きやすくなるかどうかで好みが分かれそうです。 .= が中黒のようになってしまうのが個人的には気になります。すべて英語のみでコーディングする場合にはよさそうです。

LilexはOpen Font Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

mishamyrt/Lilex: ?Open source programming font

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2