ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Googleマップではユーザがカスタマイズしてピンを立てたり、情報を付与する機能があります。便利なのですが、使うためにはJavaScript SDKを使いこなさなければなりません。また、データをどこかに保存しておく必要もあります。そのため利用を控えてしまっていないでしょうか。

今回紹介するsheet2gmapは世界一簡単なマップツールを自認しています。Googleシートを編集するだけで、Googleマップ上にデータを即座に反映できます。

sheet2gmapの使い方

最初の表示です。

Googleシートを開きます。

データを追加します。住所が入力されていれば、位置情報は自動的に補完してくれます。

再度マップを見ると、追加したデータのマーカーが立てられています。

sheet2gmapを使えば地図上に役立つ情報をマッピングしたWebアプリケーションが簡単に作れます。最近であれば、持ち帰りをやっているレストランのマップを作ったり、Gotoトラベルやイートに関連した情報を提供するケースもあります。地図を利用したサービスを作る際に注目のソフトウェアです。

sheet2gmapはHTML/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

デモ

champierre/sheet2gmap

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2