ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gitでクローンすると、フォルダが作られます。フォルダ名は一番最後のスラッシュ以降の名前が使われるので、フォークした場合にはディレクトリ名が重なることがあります。その場合、わざわざ別名を指定する必要がありました。

今回紹介するgit-cuは、ドメイン名を含んだ形で、階層構造そのままにフォークしてくれるソフトウェアです。

git-cuの使い方

git-cuをインストールしたら

git cu 'Gitリポジトリ'
でフォークできます。そうすると、以下のようにディレクトリも自動生成されます。

git-cuを使えば、事前にディレクトリを作成する必要もなく、フォークした場合も重なることがありません。一つのディレクトリ以下にGitリポジトリを全部まとめて管理しておくこともできるでしょう。普段使っているcloneの代わりになる、便利なコマンドです。

git-cuはPython製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。

Vasili / git-cu · GitLab

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2