ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プロジェクト管理において可視化は大事な要件です。一覧にすると膨大に見えるタスク群も、規模を比べたり、その進捗を可視化することで全体像が見えてきます。定性的に「たくさん」ではなく、定量的に見なければなりません。

そこで使ってみたいのがTaskTreemapです。タスクの規模と進捗をツリーマップを用いて表現します。

TaskTreemapの使い方

右側に書かれたテキストエリアの内容がツリーマップとして表現されます。その下にあるスプリントの内容はバーンチャートグラフになります。

内容を変更すれば即座に反映されます。

TaskTreemapはグルーピングされたタスクごとにツリーマップを表示し、進捗に応じて色分けされます。人をアサインすることもできます。どれくらいのタスクがあり、どれくらい終わっているのかが一目で分かります。プロジェクト管理と連携してTaskTreemap用のフォーマットでテキストを出せるようにすると便利そうです。

TaskTreemapはVue製のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

TaskTreemap

volpe28v/TaskTreemap: タスクの規模と進捗をツリーマップで表示する

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2