ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

天気は晴、曇り、雨、雪くらいしかないと思うでしょうか。実際には時々雨と言った表現もあったり、昼と夜とがあったりと細かな派生がたくさんあります。もしWebサイトに天気情報を載せようと思ったら、そのパターンに対応するのが大変です。

そこで使ってみたいのがWeather Symbolsです。様々なパターンに対応した天気アイコンを配布しています。

Weather Symbolsの使い方

曇りや雨など。雲の色も微妙に違います。

曇り時々晴。雨と雪が交じっているケースもあります。

さらに夜の場合は太陽ではなく月になります。

北欧の方では冬の太陽は下半分だけになります。この表現は日本ではなさそうですね。

Weather Symbolsはyr.noという、現在位置の天気を教えてくれるサービスで実際に使われているアイコンになります。それだけに多彩にある天気のパターンに対応しています。アイコンはPNGとSVGで提供されているので、使いやすい方を選択できるでしょう。まさに望んでいたというサービスやアプリも多そうです。

Weather SymbolsはMIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

YR/weather-symbols: Weather symbols for yr.no

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2