ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Windowsを使っていて、アプリケーションが固まるというのはとても多いかと思います。その度にタスクマネージャを開いてタスクを探して強制終了して…というのはとても面倒で、ストレスが溜まります。

そこで使ってみたいのがQuickKillです。固まっているアプリケーションだけを素早く終了させます。

QuickKillの使い方

QuickKillは常駐型のソフトウェアなので、起動したらそのまま普通にWindowsを使います。

そして固まったら、そのままコントロール + Alt + Homeキーを押します。そうするとアクティブウィンドウのプロセスを強制終了してくれます。強制終了すると通知を出してくれます。

QuickKillは仕組みがとても簡単で、すぐに使いこなせるでしょう。とにかく固まったらショートカットキーを押せば良いだけです。アクティブなウィンドウに対してしか使えないので、固まったらそのままキーを押すという習慣を付けると良さそうです(固まらないのが一番ですが)。

QuickKillはC#製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Luther / QuickKill · GitLab

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2