ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

世界で都市化が進んだり、飛行機による移動が当たり前になるにつれて、病気などの感染があっという間に広範囲に拡大するようになっています。日本に持ち込まれた病気の感染源を辿ったりするのは非常に困難になっています。

そうした病気の感染などをシミュレーションするのがAgentMapsです。小さな町だけをシミュレートしていますが、観察していても飽きないソフトウェアです。

AgentMapsの使い方

一例です。OpenStreetMapを解析して家を描いています。そして道の上を車が移動します。

青が正常、赤が感染した人です。

感染力が低い場合はあっという間になくなっていきます。

しかしちょっとでも感染力を上げると、なかなか収まりません。

実際の社会に当てはめると、病気の感染経路はもっと複雑でしょう。しかし、このような現象は病気に限らず、噂であったり、人と人を介して伝わる情報などに応用することもできそうです。何よりOpenStreetMapの活用として興味深いです。

AgentMapsはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(2-clause BSD lisence)です。

AgentMaps - Social Simulations on Interactive Maps | AgentMaps

AgentMaps Sample App

noncomputable/AgentMaps: Make social simulations on interactive maps with Javascript! Agent-based modeling for the web.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2