ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

JavaScriptはサイズを軽減したり、簡単に内容が読まれないように難読化(ミニファイ)して公開します。しかし、それではデバッグしづらいという問題があるため、SourceMapと呼ばれる仕組みがあります。

今回紹介するsource_downloaderはSourceMapファイルを読み込み、元のJavaScriptファイルを生成してくれるソフトウェアです。

source_downloaderの使い方

source_downloaderはリモートまたはローカルファイルを読み込めます。変換後はJavaScriptだけでなく、TypeScriptにも対応しています。

$ cat src/_bin.ts 
import { join, resolve } from 'path'
import { start, Recoverable } from 'repl'
import { inspect } from 'util'
import arrify = require('arrify')
import Module = require('module')
import minimist = require('minimist')
import chalk from 'chalk'
import { diffLines } from 'diff'
import { Script } from 'vm'
import { register, VERSION, getFile, fileExists, TSError, parse, printError } from './index'

interface Argv {
  eval?: string
  print?: string
  typeCheck?: boolean
  cache?: boolean
  cacheDirectory?: string
  version?: boolean
  help?: boolean
  compiler?: string
  project?: string
  require?: string | string[]
  ignore?: boolean | string | string[]
  ignoreWarnings?: string | string[]
  compilerOptions?: any
  _: string[]
}

展開後はすべてのファイルディレクトリ構成も合わせて保存されるので、内容が確認しやすくなるでしょう。本番環境ではSourceMapファイルを置いていることは多くないと思いますが、このようにすべての内容を見られてしまうリスクがあるので注意してください。

source_downloaderはPython製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

macrat/source_downloader: SourceMapを展開して元のソースを見るやつ

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2