ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

THETAなどのデバイスと、各ソーシャルサービスが対応したことで360度写真、360度動画が使われるようになっています。スマートフォンの写真とは違って、普段は見られない部分まで自分で自由に視点を変えられるのが魅力です。

しかしフォーマットが特殊なので、専用のビューワーが必要になります。今回紹介するKaleidoscopeは360度写真、動画に対応したビューワーになります。

Kaleidoscopeの使い方

KaleidoscopeはWebサイトに埋め込んで使えます。

マウスでぐりぐりと視点を変えられます。

実際に動かしている例です。

自分で撮影した360度写真や動画があれば、Kaleidoscopeを使ってWebサイトに埋め込めます。Webブラウザであれば専用のビューワーを持っていない人でもすぐに確認できるのが魅力です。見るまでの手間が減れば、もっとコンテンツを増やしたくなるでしょう。

KaleidoscopeはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

index

thiagopnts/kaleidoscope: An embeddable, lightweight 360º video/image viewer

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2