ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubではIssueやPull requestを送る際などにラベルを設定できます。しかしこのラベルのメンテナンスが以外と面倒です。とあるメソッドによれば、十何種類ものラベルが望ましいそうですが、これを一から作成するのは面倒です。

そこで使ってみたいのがgit-labelmakerです。CUIでラベルを作成できます。ちなみに筆者環境ではうまく作成できなかったのでご注意ください。

git-labelmakerの使い方

git-labelmakerコマンドを使えば、対話型でラベルが作成できます。

$ git-labelmaker 
? What is your GitHub Access Token? 77..rt
? What is your master password, to keep your access token secure? ******
=======================================
]|[                                 ]|[
]|[    Welcome to git-labelmaker    ]|[
]|[                                 ]|[
=======================================

? Welcome to git-labelmaker!
What would you like to do? 
  Add Custom Labels 
❯ Add Labels From Package 
  Create a Package From Labels 
  Remove Labels 
  Remove All Labels 
  Reset Token 
  Quit 

既存のプロジェクトからラベルをパッケージとしてダウンロードしたり、逆にパッケージを使ってラベルをまとめて作成できます。git-labelmakerが流行ればベストプラクティスをパッケージとして公開してくれるプロジェクトも出ることでしょう。

git-labelmakerはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

himynameisdave/git-labelmaker: Manage your GitHub labels from the command line!

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2