ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

コンピュータへの入力方法としてマイクに注目が集まっています。Siriをはじめスマートフォンではマイク入力が行えますし、Google ChromeなどはHTML5でのSpeech Recognition APIを提供しています。

そんな音声認識APIを使って作られたのがGrumbles.jsです。ユーザがストレスを感じたタイミングを記録してくれます。

Grumbles.jsの使い方

Grumbles.jsはマイクを使うのでWebブラウザが対応、かつ許可する必要があります。

後は「Oi, what the f*** is this s***?」的なFワードやSワードが使われるとその時間を記録するようになっています。ページを表示したタイミングと合わせることで、開始から何秒でユーザがストレスを感じるかなども分かるでしょう。

デモのところでF***と言うと、ログが出ます。

使い方のコードは次の通りです。

const stop = grumbles(({ word, context, time }) => {
  console.log(time);    // The time the grumble was grumbled.
  console.log(word);    // The word which was grumbled.
  console.log(context); // The full phrase containing the grumble.
}, 'en');

Grumbles.jsは英語圏向けですが、同じような仕組みで日本語でも使えるかも知れません。リアルでは感情を出さなくとも、一人だけでの空間であるパソコンを使っている時であれば「なんだこれ」とか「ふざけんな」といった言葉を発する人もいそうです。

Grumbles.jsはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Grumbles.js by knpwrs

knpwrs/grumbles.js: Detect when your users are upset.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2