ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSXはUnixがベースなので、ターミナルからシステム情報を取得したり、設定ができるようになっています。しかしそれぞれコマンドが違うので毎度調べて実行しているという人も多いでしょう。

そこで使ってみたいのがm-cliです。Mac OSX用の各種設定確認や実行を共通コマンドで行えるようになります。

m-cliの使い方

例えばバッテリーの状態をとるためには次のようにコマンドを打ちます。

$ m battery status
Now drawing from 'Battery Power'
 -InternalBattery-0     97%; discharging; 4:29 remaining present: true

さらに隠しファイルの表示/非表示設定もできます。

$ m finder showhiddenfiles YES
Show Hidden files: YES

WiFiのステータスを取得したり、スキャンするようなこともできます。

$ m wifi status
     agrCtlRSSI: -44
     agrExtRSSI: 0
    agrCtlNoise: -98
    agrExtNoise: 0
          state: running
        op mode: station 
     lastTxRate: 145
        maxRate: 144
lastAssocStatus: 0
    802.11 auth: open
      link auth: wpa2-psk
          BSSID: 62:33:1a:cc:65:d4
           SSID: iPhone 6 Plus
            MCS: 15
        channel: 1

m-cliで利用できる機能は次の通りです。

$ m help

  Swiss Army Knife for Mac OS X ! 


usage:  m [OPTIONS] COMMAND [help]

    OPTIONS
        --update        update m-cli to the latest version
        --uninstall     uninstall m-cli

    COMMANDS:
        help
        battery
        bluetooth
        dir
        disk
        finder
        firewall
        gatekeeper
        hostname
        info
        lock
        network
        nosleep
        ntp
        restart
        safeboot
        screensaver
        service
        shutdown
        sleep
        timezone
        trash
        user
        volume
        wallpaper
        wifi

m-cliを使えばMac OSX上の情報が簡単に取得したり、必要に応じて設定できるようになります。m-cliを入れておけばいちいちGUIから設定することなく、さくさくと作業ができるでしょう。

m-cliはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

rgcr/m-cli:  Swiss Army Knife for Mac OS X

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2