ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近のスマートフォンはWebブラウザの性能が向上しており、ちょっとしたアプリであればネイティブなのかWebブラウザベースなのか分からないくらいになっています。となるとWebブラウザならではの複数プラットフォームへの対応という利点が活かせるようになります。それを実現するのにCordovaなどのハイブリッドアプリが注目されています。

今回はハイブリッドアプリを作るのに最適なUIフレームワーク、Reappを紹介します。Reactを使っているのがポイントです。

Reappの使い方

スクリーンショットを多めに紹介します。多数のUIコンポーネントが登録されています。

メールボックス風表示。

ボタン。

リストページ。

ギャラリー。

モーダル。

ポップオーバー。

フォーム。

タブバー。テキスト、アイコンのあるなしが切り替えられます。

テキストのみ。

グリッド。

ドロワー。上下左右に対応しています。

カード。

ビューの移動もサポートしています。

Hacker Newsアプリのデモ。

コメントも見られます。

ReappはReactを使っているので、JSXに慣れている人であればさくさくと作れるのではないでしょうか。さらに発展すればReact Nativeに取り組んでも良いかもしれません。ハイブリッドアプリ開発をReactで進めたいという方はぜひ使ってみてください。

Reappはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Reapp - Hybrid apps, fast

reapp/reapp: Make hybrid mobile apps with power

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2