ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近、全天球動画(360度動画)が熱いです。RICOH THETA、Kodak SP360をはじめとするレコーダーに加えて、Facebook/YouTube/Flickrなどが再生に対応しています。

YouTubeは現在のところ、スマートフォンでの再生しか対応していません。そこでデスクトップブラウザから手軽に閲覧できるようにしてくれるのがYoutube WebVR 360 Stereoscopic Viewerです。

Youtube WebVR 360 Stereoscopic Viewerの使い方

例えばデフォルトではこんな感じになってしまいます。これではよく分かりません。

それをこのように見やすい全天球動画に展開します。もちろんマウスで視点を動かすこともできます。

全天球動画にも複数のパターンがあるようです。Youtube WebVR 360 Stereoscopic Viewerを使えばそれらの表示を切り替えられます。

Youtube WebVR 360 Stereoscopic Viewerでは幾つかのパターンに対応しており、クリックひとつで設定を変更できます。これまではスマートフォンや専用のグラスが必要でしたが、Chrome機能拡張ならば手軽に閲覧できて便利ですね。

Youtube WebVR 360 Stereoscopic ViewerはGoogle Chrome/Google Chrome機能拡張のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

2016年1月3日:誤字修正

gtk2k/Youtube-WebVR-360-Stereoscopic-Viewer

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2