ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近は静的なWebサイトジェネレータが人気です。わざわざデータベースを用意するのが面倒だったり、静的なサイトであればAmazon S3や簡単なWebサーバ上にデプロイするのも簡単です。

今回はそのためのソフトウェアlektorを紹介します。Pythonで作られた静的サイトジェネレータです。

lektorの使い方

lektorのコマンドヘルプです。基本はdevserverでサイトを確認しながら使います。

$ ../lektor.pex
Usage: lektor.pex [OPTIONS] COMMAND [ARGS]...

  The lektor management application.

  This command can invoke lektor locally and serve up the website.  It's
  intended for local development of websites.

Options:
  --tree PATH  The path to the lektor tree to work with.
  --help       Show this message and exit.

Commands:
  build      Builds the entire site out.
  clean      Cleans the entire build folder.
  deploy     Deploy the website.
  devserver  Launch a local development server.

Webサイトを見るとこのようになっています。

そして実際のコンテンツ。

モデルやコンテンツ、テンプレートなどがあり意外と本格的な気がします。

そしてデプロイは設定ファイルに依ります。

[site]
name = My Website

[servers.production]
enabled = yes
name = Production
target = rsync://myserver.com/path/to/website

見ての通り、この場合はRsyncを使っています。簡単に使えますね。サイトをローカルでさくさくと作り、後はdeployサブコマンドで外部サーバに配備するだけの簡単な静的サイト管理となっています。

lektorはPython製のオープンソース・ソフトウェア(BSD License)です。

mitsuhiko/lektor

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2