ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

React NativeはTitaniumのようにJavaScriptでネイティブアプリのUIを作ります。Cordova/PhoneGapはHTML5/JavaScriptを使ってwebView上にUIを作ります。JavaScriptでスマートフォンアプリを作る技術は様々に存在します。

samurai-nativeもその一つになります。技術的にはCordova/PhoneGapに近いものがあると思いますが、ネイティブのUIコンポーネントが使える点が特徴です。

samurai-nativeの使い方

デモアプリのUIです。動きはぬるぬるとしています。

まるでネイティブUIですが、一部はWebのようです。

Canvasを使っているのか、アニメーションもスムーズです。

例えばHTMLですが、次のように記述します。

<html>

    <body>
        <uicollectionviewcell is-static is-row>
            <div class="profile-wrapper">
                <div class="profile-attribution">
                    <div class="profile-segment no-wrap">
                        <div class="segment-wrapper">
                            <span class="segment-count">10,875</span>
                            <span class="segment-suffix">Followers</span>
                        </div>
                    </div>
                    <div class="profile-segment no-wrap">
                        <div class="segment-wrapper">
                            <span class="segment-count">199</span>
                            <span class="segment-suffix">Followers</span>
                        </div>
                    </div>
                </div>
            </div>
        </uicollectionviewcell>
    </body>
</html>

UICollectionViewCellはネイティブのコンポーネントです。そしてこのHTMLをiOSアプリ側から呼び出せます。外部URLも使えるので、コンパイルなしで描画を変更することもできるようです。

@implementation MyViewController

- (void)viewDidLoad
{
    [self loadViewTemplate:@"/www/html/dribbble-index.html"];
//  [self loadViewTemplate:@"http://localhost:8000/html/dribbble-index.html"];
}

- (void)dealloc
{
    [self unloadViewTemplate];
}

- (void)onTemplateLoading {}
- (void)onTemplateLoaded {}
- (void)onTemplateFailed {}
- (void)onTemplateCancelled {}

@end

さらにJavaScriptのイベントも呼び出せます。

<div onclick="signal('hello')">
    Click here
</div>
<div onswipe-left="signal('next')" onswipe-right="signal('prev')">
    Swipe left or right
</div>

このように記述することで、

@implementation MyViewController

handleSignal( hello )
{
    [self something];
}

handleSignal( prev )
{
    [self something];
}

handleSignal( next )
{
    [self something];
}

@end

のようにObjective-C側で使えたり、データバインディングも使えます。今のところ、UICollectionViewとUICollectionViewCellが使えるようです。

HTMLとiOSのネイティブコンポーネントが絶妙に合わさっている点がユニークです。今後、React Nativeとともに注目したい存在です。

samurai-nativeはiOS用(Androidは今後予定)、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

hackers-painters/samurai-native

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2