ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Web APIを提供していると、サービス利用者向けにサービスのステータスを表示したいと思うことがあります。定期メンテナンスであったり、障害でサービスが停止している場合も、ユーザに適切に情報発信できる必要があります。

GoogleやApple、Amazonなどは行っていますが、Staytusを使えば小さなサービスであっても手軽に実現できるようになります。

Staytusの使い方

こちらがトップページです。各サービスのステータスが表示されています。
こちらがトップページです。各サービスのステータスが表示されています。

一部障害が出ているようです(これはデモです)。
一部障害が出ているようです(これはデモです)。

購読もできます。ステータスが変わるとメールが来るような形です。
購読もできます。ステータスが変わるとメールが来るような形です。

こちらは管理画面。
こちらは管理画面。

Issue。
Issue。

スケジュールメンテナンス。
スケジュールメンテナンス。

メンテナンス詳細。
メンテナンス詳細。

設定一覧。
設定一覧。

全般設定。
全般設定。

ロゴのアップロード。
ロゴのアップロード。

サービス一覧。
サービス一覧。

手動でステータスの変更ができます。
手動でステータスの変更ができます。

メールテンプレート。
メールテンプレート。

APIトークンも用意されています。
APIトークンも用意されています。

Issueの作成もできます。
Issueの作成もできます。

StaytusはAPIを使ってステータス更新を自動化したり、手動で変更もできます。サポートの状態を可視化するのは良さそうです。Staytusを別サーバに立てて、監視と一緒に組み合わせて使うと便利そうです。

StaytusはRuby/Ruby on Rails製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Welcome - The Widgets Status Site

The Open Source Status Site - Staytus

adamcooke/staytus

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2