ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

最近はプレゼンテーションのスライドもHTMLで作ることが増えてきました。余計なエフェクトや装飾を気にせず内容だけに集中できますし、コンテンツを公開すればWebクローラーフレンドリーです。

幾つかのツールがありますが、今回はTwitter社の開発したCDK(Courseware Development Kit)を紹介します。AsciiDoc記法で作るHTMLスライドツールです。

CDKの使い方

CDKのインストールはpipで行います。

pip install cdk

そしてAsciiDocを引数に渡します。

cdk sample.asc

そうするとHTMLファイルが生成されますので、それを開くだけです。

こんな感じに中央に大きな文字が特徴です。
こんな感じに中央に大きな文字が特徴です。

日本語も使えます。コードはちょっとカードっぽく表示されます。
日本語も使えます。コードはちょっとカードっぽく表示されます。

コマンドヘルプです。
コマンドヘルプです。

スライド一覧。
スライド一覧。

アウトライン。
アウトライン。

スライドジャンプも。
スライドジャンプも。

AsciiDocに慣れている方であればCDKを使うのが良いでしょう。CDKの他、各記法向けのHTMLスライド生成ツールがありますのでぜひ使ってみてください。

CDKはPython製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

CDK — cdk v0.0.8 documentation

twitter/cdk

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2