ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

マテリアルデザインにおいてアイコンは大事な存在です。これまではラベルの補助だったのが、よりアイコンだけでも意図が伝わるようにしなければなりません。そのためにはちょっとした変化を含めてアイコンの種類がもっとたくさん必要です。

そこでGoogleもアイコン集を提供しているのですが、これはPNGまたはSVGです。Material Design FonticonsはそれをWeb Fontとして提供します。

Material Design Fonticonsの使い方

基本的にGoogleのマテリアルデザインアイコンと変わりません。

アクション。
アクション。

アクションの続き。
アクションの続き。

AV。
AV。

コミュニケーション。
コミュニケーション。

コンテンツ。
コンテンツ。

デバイス。
デバイス。

エディタ。
エディタ。

ファイルとハードウェア。
ファイルとハードウェア。

イメージ。
イメージ。

マップ。
マップ。

ナビゲーション。
ナビゲーション。

通知。
通知。

ソーシャルとトグル。
ソーシャルとトグル。

Material Design FonticonsはWeb Fontなので一つのファイルで表示サイズにこだわることなく利用できます。アプリであればGoogleの画像ベースであっても自動的に選択を変えてくれますが、WebアプリケーションならばMaterial Design Fonticonsのが良さそうです。

Material Design FonticonsはSIL Open Font Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Material Design Fonticons

designjockey/material-design-fonticons

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2