ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Markdownを記述するのに専用のエディタが登場していますが、既に使い慣れたテキストエディタがある場合、使い分けるのは面倒です。しかしプレビュー機能が欲しいと思うかも知れません。

筆者が好きなEmacsでもMarkdown modeはありますが、プレビュー機能は専用エディタほどではありません。そこで使いたいのがLivedownです。

Livedownの使い方

Livedownはnpmでインストールできます。

$ npm install -g livedown

後はlivedonwコマンドとファイルのパスを渡すだけです。

利用中の画面。http://localhost:1337/ でHTMLプレビューが確認できます。
利用中の画面。http://localhost:1337/ でHTMLプレビューが確認できます。

Livedownはオートリロード機能が備わっていますので、編集して保存するたびにプレビューが更新されます。できあがりが分かりやすく確認できるのでどんどん書き進められます。また、Emacs/Vim/Sublime向けにプラグインも提供されています。

Livedownはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

shime/livedown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2