ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今回のテーマはPDFです。帳票などによく使われますが、一般的には編集しづらいというイメージがあります。内容を変更はしたくないけれど、そこに書かれている情報を読み込みたいというニーズは強くあります。昔はpdf2htmlのようなコマンドをよく使いましたが、今はもっと優れた手段がたくさんあります。

今回は手軽なPDF作成法と、データの読み取り、PDF作成を行うソフトウェアを紹介します。

Mac OSX

Mac OSXの場合、印刷メニューからPDFとして保存する機能があります。これによりPDF作成の手間が大幅に削減されました。また、簡易的なPDF編集機能もプレビューに備わっています。かつてWindowsにも同様の機能が検討されたらしいですが、Adobe社の反対によって取りやめになったと効いたことがあります。

プリンタ

PDFを作成するプリンタドライバをインストールするのは手軽な方法です。ソフトウェアで出している場合もありますし、GhostScriptなどを組み合わせて自分で組むこともできます。Windowsでは最もポピュラーな方式ではないでしょうか。

ソフトウェアによってはパスワードを追加することもできたり、印刷可否の設定もできるので、十分運用で使えるレベルになっていると思います。

Googleドキュメント

GoogleドキュメントではアップロードしたWord/Excel/PowerPointファイルをPDFでダウンロードすることができます。これはちょっとした変換機能として便利です。Google Driveだと一旦Googleドキュメント向けに変換が入るのが面倒ですが、それでも手軽だと思います。

LibreOffice

LibreOfficeやOpenOffice.orgをサーバ化することで、HTTP経由でポストしたドキュメントをPDFとして出力ができます。対応ファイルフォーマットがオフィスファイルやHTML、画像などに限定されますが社内で一つサーバを立てれば後は自動化できるという点が便利です。

以下はプレミアムのみです。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2