ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

写真を撮影するデバイスは増えていますが、見せ方はまだまだではないでしょうか。単純に一覧表示しただけでは面白みがありませんし、写真は画質がどんどん上がっており、一枚一枚の見せ方にもこだわりが必要です。

今回紹介するThView.jsはWebブラウザで楽しめる画像ビューワーですが、さらにOculusのようなVRデバイスだともっと楽しめそうなソフトウェアです。

ThView.jsの使い方

デスクトップからも見られますが、スマートフォンやタブレットからが面白いと思います。

OculusやGoogleのCardboardで見ると面白そうです。
OculusやGoogleのCardboardで見ると面白そうです。

一枚の写真版もあります。左右はもちろん上下にも視点が変えられます。
一枚の写真版もあります。左右はもちろん上下にも視点が変えられます。

向いている方向に合わせて動きます。
向いている方向に合わせて動きます。

ThView.jsはRICOH THETAのような360度視野を変更できるビューワーとなっています。マウスドラッグによる視点移動、ホイールによるズームインとパン、VRゴーグル用のデュアルディスプレイをサポートしています。

このような写真を撮影するのが大変かも知れませんが、コンテンツがあればぜひVRゴーグルとともに使ってみたいですね。

ThView.jsはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

2014/12/09 誤字修正

ThView.js - JavaScript Spherical Image Viewer

aike/thview.js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2