ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubはシンプルで見やすい表示になっているとは思いますが、業務で使っていく際に最適であるかといわれると疑問符がつきます。複雑にすると画面がごちゃごちゃするので現状のが良いのですが、仕事ではもっと一覧性やどんどん見られるUIのが好まれる場合もあるでしょう。

そこで紹介したいのがdiscoです。Web APIを使うことで独自のGitHubブラウザを作ってしまう、そんなソフトウェアです。

discoの使い方

サンプルのリポジトリ。
サンプルのリポジトリ。

差分も見られます。
差分も見られます。

左のコミット履歴から選ぶだけです。
左のコミット履歴から選ぶだけです。

discoはコミット履歴とその作業内容をチェックするのに最適化されています。GitHubでも見られるデータですが、画面遷移するので一気にチェックするのが若干面倒です。かといって本家がこのデザインになっているのは何となく嫌な感じがします。

GitHubを業務で使っている場合はdiscoを使うとリポジトリのチェックが簡単にできそうですね(デフォルトでは公開リポジトリしか使えませんので要修正です)。

discoはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

carlwoodward/disco

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2