ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

何でもMarkdownで文書を作っていると、他のフォーマットで記述しようと思うと途端に面倒くさくなりますよね。そういう問題は目的に合わせたMarkdownコンバータがあれば全て解決してしまいます。

HTMLにするのはもちろんのこと、PDFにするのもMarkdownを使えば簡単です。The Markdown Resumeはその意味でかなり参考になるポイントが多いのではないかと思います。

The Markdown Resumeの使い方

元の文書です。基本はMarkdownですが、ちょっと拡張されているようです。
元の文書です。基本はMarkdownですが、ちょっと拡張されているようです。

体験や自分の技術なども記述できます。
体験や自分の技術なども記述できます。

プログラミング言語の習得に関して。
プログラミング言語の習得に関して。

変換後。こちらはHTMLです。
変換後。こちらはHTMLです。

こちらが後半。緑ベースでいいですね。
こちらが後半。緑ベースでいいですね。

PDF版。こちらも緑のラインがいい感じです。
PDF版。こちらも緑のラインがいい感じです。

Markdownに慣れている方であれば、The Markdown Resumeをベースにしておけばどこでも簡単に履歴書を作成、編集できます。いざ作ろうと思って思い出すのが大変であったりするので、簡単にメンテナンスできる仕組みになっていると良さそうです。

The Markdown Resumeはpandocを使ったオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

The Markdown Resume

mszep/pandoc_resume

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2