ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Markdownが様々な場面で使われるようになっているので、そろそろ専用エディタが欲しいと感じている人も多いのではないでしょうか。幾つかのエディタがありますが、今回はその最新とも言えるエディタを紹介します。

これまで出てきているソフトウェアの良いところを踏まえつつ進化していく、それがMac OSX用のMarkdownエディタMacDownです。

MacDownの使い方

こちらがメイン画面です。2ペイン構成になっています。
こちらがメイン画面です。2ペイン構成になっています。

テーブルにも対応しています。
テーブルにも対応しています。

数式の埋め込みもできます。
数式の埋め込みもできます。

タイムマシーンに対応し、過去バージョンを取り出せるようになっています。これが面白いかも。
タイムマシーンに対応し、過去バージョンを取り出せるようになっています。これが面白いかも。

設定画面。
設定画面。

MacDownはMouにインスパイアされて開発されているようです。エクスポートはHTMLのみとなっています。エディタ部のデフォルトが黒背景なのが書きやすくていい感じではないかと思います。

MacDownはMac OSX用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

MacDown: The open source Markdown editor for OS X.

uranusjr/macdown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2