ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubはとても便利で、カジュアルなコードでもオープンソースとしてプロジェクト登録したくなります。しかしそれを繰り返している内に、リポジトリを作成する際にちょっとした手間を感じるようになってくるのではないでしょうか。

そこで用意しておきたいのがgithubpublicrepository_creatorです。コマンド一つでGitHubのパブリックリポジトリが作成できますよ!

githubpublicrepository_creatorの使い方

使い方は簡単で、 create_repository.sh コマンドを実行するだけです。

$ create_repository.sh
repository name? [test] :
{
  "id": 20615862,
  "name": "test",
  "full_name": "moongift/test",
  "owner": {
    "login": "moongift",
    "id": 5709,
    :

といった感じです。カレントディレクトリの名前がプロジェクト名に使われますが、変更も可能です。

$ create_repository.sh foo_project

のようにすれば任意のプロジェクト名が使えます。なおリポジトリを作るだけでローカルにGitリポジトリをクローンしたり、ファイルを追加したりはしませんのでご注意ください。実行後、git initは別途行います。

githubpublicrepository_creatorを使うとさくっとオープンソース・ソフトウェアの開発がはじめられるのではないかと思います。(オプションですが)説明を入力したりする必要もないのがとても手軽です。GitHubアカウントをお持ちの方は入れておくと良さそうです。

githubpublicrepository_creatorはBashスクリプト製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

genzouw/githubpublicrepository_creator

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2