ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今回はFlash代替になりえるソフトウェアの紹介です。ガラケーが隆盛だった頃にはFlash Lite 1.1のコンテンツがたくさん作られましたが、今は殆どのFlasherがアプリ開発や他の技術へ移行しています。

かといってモンスターハンターのキャンペーンページがFlash製であったり、世の中にはサポート切れのXPが多数存在しているなどHTML5への移行もまだまだといった所で完全シフトが決められていない現状も伺えます。

開発者としては、過去の資産をメンテナンスするためだけにFlashを使い続けなければならないというのはストレスでしょう。そこで考えたいのがFlash代替になりえる技術の習得です。今回はそのためのソフトウェアを一気にまとめて紹介します。

FlashからHTML5/JavaScriptへ「Smokescreen」

Smokescreenは以前紹介したGordonと同様にFlash(SWF)ファイルを解析し、HTML5/JavaScriptによって実行するライブラリだ。広告のバナーやアニメーションのデモがあるが、SWFと変わらない動作を実現している。現在はまだダウンロードできるものは出ていないが、間もなくの登場予定だ。さらにiPadやiPhoneといったFlash非対応のブラウザでも表示できるのが利点だ。こうしたブラウザを判定することで、これまではイメージファイルに差し替えていたのを、HTML5/JavaScriptによってアニメーションが実現できるようになるかも知れない。もちろんうまく動作するものがデモになっているとは思うが、元々のFlashファイルと寸分違わず動作するのは非常に興味深い。デモは他にもあるので、公式サイトへ行って自分の目で確かめてみて欲しい。今後の開発、リリースに期待のかかるソフトウェアだ。

JavaScript + CanvasでActionScript3のような描画「CanvasScript3」

CanvasScript3はCanvasとJavaScriptを使って、アニメーションを実現するライブラリだ。マウスの位置によって動作速度を変えるオブジェクトや爆発するようにオブジェクトが広がって跳ね返るサンプルなどが公開されている。他にも画像の一部を徐々に隠したりするサンプルなど、ここまでできるのかと思わせるデモが多数登録されている。簡易的なアニメーションであれば十分こなせるだろう。なおCPU負荷は高いようで、iPhone 3GSなどではとても満足できる速度ではなかった(ものによるが)。今後が楽しみなライブラリだ。arahaya's CanvasScript3 at master - GitHub

ついに!iPhoneでもFlashが表示できるライブラリ「Gordon」

単なるドローの表示はもちろん、アニメーションについても一部対応している。描画は元のFlashファイルとほぼ変わらず、とても良好な結果だ。もちろん動画や音楽を再生するようなプレーヤレベルはできないが、将来的にはFlashバナー程度ならいけそうだ。iPhoneでの実行はファイルの大きさもあって遅く感じてしまうが、アニメーションの種類によってはスムーズだ(多数のオブジェクトを同時に描画するのは辛いようだ)。AdobeやAppleが対応する前にGordonがiPhoneにFlashのパワーをもたらせてくれる日が来るのではないだろうか。 http://paulirish.com/work/gordon/demos/

iPadでFlashコンテンツを実行する「Frash」

Frashをインストールすると、iPadのSafariでFlashコンテンツが再生できるようになる。もちろん限られた範囲内での再生にはなるが、バナー程度であれば十分に再生可能だ。ネットワーク接続が必要な類については、エラーが出てしまった。特別なブラウザではなく、標準のSafariにアドオンしてくれるのが便利だ。インストールはEngadgetの記事を参考にしていただくとして(元々筆者はコンパイルでこけていたので)、インストール後はFlashコンテンツがあるページを表示すると巨大なFlashマークが表示される。クリックするとFlashが再生される。日本語も表示可能なようで、再生速度も遅くはない。Flashを再生することでブラウザが不安定になる可能性もあるし、そもそもJailBreakによる悪影響も自己責任だ。くれぐれも負の面を把握した上でお試しいただきたい。

以下はプレミアムのみです。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2