ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

外部に溢れる様々なデータを取り込んでWebアプリケーションを作るとあっという間に面白いものが作り上げられます。問題はそれをどう表示するかです。それによってインパクトが全く変わってくるでしょう。

そこで紹介したいのがTangelo、Webアプリケーションフレームワークです。特にチャート、マップなどビジュアル化に特化したフレームワークとなっています。

Tangeloの使い方

サンプルのアプリケーションが多数ありますので、それを見ていきます。

Flickrの写真をマッピングしています。
Flickrの写真をマッピングしています。

ノード同士のつながりをビジュアル化しています。動的にフィルタリングも可能です。
ノード同士のつながりをビジュアル化しています。動的にフィルタリングも可能です。

こんな細かい描画も。
こんな細かい描画も。

地図上にデータをマッピングできます。
地図上にデータをマッピングできます。

円グラフのデモ。マウスイベントに反応します。
円グラフのデモ。マウスイベントに反応します。

こちらはちょっと変わったところで動的にデータを追加、描画するものです。
こちらはちょっと変わったところで動的にデータを追加、描画するものです。

使われている技術としては、

  • JQuery

  • D3

  • Bootstrap

  • WebGL

  • Canvas

  • Vega

となっています。サーバサイドはPythonで作られています。データのビジュアル化はインパクトが強い表示ができますので、積極的に取り入れていきたいですね。

TangeloはPython/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(Apache License 2.0)です。

Tangelo

Kitware/tangelo

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2