ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

携帯電話向けに作ったSWFファイルに新しい道が見えますよ!

HTML5の時代になってFlashが新規に作成される機会は大幅に減っていますが、それでも既存のSWFファイルはオンライン上にたくさん存在します。特に携帯電話向けに作られたSWFファイルはデスクトップからは分からなくとも無数に存在しています。

そんな既存の資産を活かす方法が幾つか知られていますが、今回はJavaScriptだけでSWFをHTML5対応させてしまうswf2jsを紹介します。

デモです。日本語の位置がちょっとずれているかもですが、ちゃんと動作します。
デモです。日本語の位置がちょっとずれているかもですが、ちゃんと動作します。

クリックアクションも動作しています。
クリックアクションも動作しています。

なおこちらのファイルは携帯用Flash サンプル置き場より拝借させてもらっています。使い方は簡単で、

<script type="text/javascript">
    swf2js.load('path/to/swf-file');
    swf2js.play();
</script>

だけで動作します。JavaScriptが指定されたSWFファイルをバイナリ解析し、Canvasタグにレンダリングしています。ちなみにFlash Lite 1.1、圧縮されていないもののみといった制限がありますのでご注意ください。

まだ実装されていないアクションもあるようですが、そこは今後に期待でしょう。swf2jsが実用的になれば、これまで作ってきた資産をスマートフォン向けに活かせるようになるでしょう。

swf2jsはJavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

ienaga/swf2js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2