ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

結構この割り切りは好きかも。

Markdownエディタといえば2ペインのタイプが多いです。片方はエディタ、片方がHTML変換後のプレビューといった具合です。

専用エディタとしては悪くないのですが、普段使っているエディタをそのまま使いたいと考える人も多いでしょう。そこで紹介したいのがMarkdownViewです。指定したMarkdownファイルのHTMLプレビュー機能にのみ絞り込まれているビューワーです。

使い方は簡単で、Markdownファイルをドロップするだけです。後は好きなエディタでMarkdownファイルを編集して保存を実行したタイミングでプレビューが更新されます。

表示例。
表示例。

ファイルを更新すると自動的にプレビューも更新されます。
ファイルを更新すると自動的にプレビューも更新されます。

なおxyzzyで試した限りでは保存するとプレビューが真っ白になってしまいました。メモ帳では問題なく更新されました。

プレビューの他、HTMLをエクスポートファイルとして保存もできます。また、プレビューで開いた状態で関連づいているエディタで開くと言った操作もできます。Web APIを使ってファイルを呼び出したりすることもできたり、スタイルシートを使って見た目の変更もできるなど細かく便利な機能が揃っています。好きなエディタでMarkdownを編集しつつ、プレビューが容易にできるのは便利そうです。

MarkdownViewはWindows用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

ngyuki/MarkdownView

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2