ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ショートカットとはまた違う使い勝手ですよ。

キー操作のアプリケーションランチャーは一旦慣れると手放せません。マウスに手を持っていったり、アプリケーションを探す手間を考えるとキーボードからインクリメンタルにアプリケーションやファイルを探せるのはとても楽です。

そんなランチャー操作をGoogle Chrome上で実現してくれるのがFerroです。Alt+Shift+Fで呼び出して操作します。

インストールします。Chrome ウェブストアで公開されています。
インストールします。Chrome ウェブストアで公開されています。

Alt+Shift+Fで起動し、文字を入力するとインクリメンタルに候補が表示されます。
Alt+Shift+Fで起動し、文字を入力するとインクリメンタルに候補が表示されます。

コマンドは20種類以上用意されています。
コマンドは20種類以上用意されています。

基本的にはコマンドの実行で、それ以外はブックマークや履歴から該当するサイトの検索になります。また、Chromeの設定画面などを呼び出すことも可能です。キーボード系ランチャーに慣れた方は使ってみるとChromeの操作が一気に速くなる可能性があります。

以下はデモ動画です。

ある程度の操作はショートカットキーと被りますが、Ferroを通してショートカットや履歴の検索などが一気にできるのは利便性が高いように思います。

FerroはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Ferro: The keyboard interface to Chrome

Chrome ウェブストア - Ferro

ferro/ferro

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2