ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LinCastorはMac OSX用のソフトウェアです。

スマートフォンアプリではよく使われるURLスキーマを使ったアプリケーションの呼び出しですが、それをMac OSXでも柔軟に使えるようにするのがLinCastorです。


起動画面です。


メイン画面。まずはadd new schemeをクリックします。


スキーマを設定します。例えばchrome-httpといったスキーマを定義します。


フィルタを定義してさらに実行するパターンを制御する事も可能です。


アプリケーションを定義するのが一番簡単かもしれません。


後はこんな感じでopen 〜と付けて実行します。

LinCastorではAppleScript、シェルそしてアプリケーションから自分で定義したURLスキーマを呼び出せるようにします。AppleScriptを使ってアプリケーションを操作した後にURLスキーマを呼び出したりするのが良いかもしれません。受け取ったURLでさらにカスタマイズも可能です。


MOONGIFTはこう見る

URLスキーマではスキーマ自体はもちろん、ホスト、ポート、パス、クエリー、フラグメントとそれぞれパラメータで分解して処理を分けられます。ここまで複雑に処理分けができるなら色々と使い道が考えられそうです。ターミナルから別なアプリケーションを呼び出した上でショートカットキーを押して処理を実行させるのも容易でしょう。

Mac OSXの面白さの一つはGUIが良くできていて、CUIと絡めて楽しめることだと思います。例えばRubyから通知センターに送信したり、AppleScriptを使ってGUIアプリケーションを複雑に操作したりと言った具合です。日々行っている一連の操作があれば、積極的に自動化するようにしましょう。そこでLinCastorは役立てる場面があるはずです。

LinCastor « Onflapp's Blog

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2