ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

BuildReactorはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(Apache Licnese 2.0)です。

最近は継続的インテグレーションを実現するサーバ、サービスが人気です。コードをプッシュしたりデプロイするタイミングで自動で処理を行ってくれるのは便利ですが、その結果をリアルタイムに知りたいと思うでしょう。そこで使ってみたいのがBuildReactorです。


インストールします。Chrome Web Storeでインストールできます。


権限の確認です。あまり多くありません。


まずサービスを追加します。TravisやJenkinsをはじめ、外部のサービスも多数登録されています。


今回は例としてTravisを使ってみます。


ユーザ名を入れると登録されているプロジェクトが出てきます。


Jenkinsの場合はURLを含めて設定を行う必要があります。


後は待っているとデスクトップ通知が送られてくるようになります。

デスクトップ通知を使って送ってきてくれるので、Webブラウザを使っていない時にも通知が表示されて便利です。チェックは1分ごとですが設定で変更も可能です。


MOONGIFTはこう見る

自動で処理されるシステムというのは得てして放置される傾向にあります。かといって人が定期的にチェックするのでは自動化する意味がありません。そこで必要なのがジャストインタイムな通知です。

メールはシンプルな通知機能ですが、予めメールアドレスを登録する必要があったり、サーバ側の負荷や他のメールに紛れてしまうと言った問題があります。フィードのようにデータを受け取りにいく仕組みであれば必要な時にだけ配信されるので送信、受信側双方にとって利便性がありそうです。

Chrome Web Store - BuildReactor

AdamNowotny/BuildReactor

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2