ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ProfanityはC製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

今ではSkype、LINE、Facebookメッセンジャーと様々なチャットサービスが存在しますが、昔からあるのがXMPPです。Gmailでも未だに使えますし、クライアントソフトウェアも多数あります。そこで今回はコンソールで使えるProfanityを紹介します。


起動しました。何となくIRCっぽい感じがします。


/helpでコマンドヘルプが出ます。


認証しました。Gmailで二段階認証している場合は別途アプリケーション固有のパスワードを生成しましょう。


ちゃんと日本語の読み書きもできます。


会話が成り立っています。Gmail側で見ても問題ありませんでした。


履歴をログに残しておくこともできます。

ProfanityはLinuxはもちろん、Mac OSXもCygwinを使ってWindowsでも動かすことができます。デスクトップ通知機能もサポートされているとのことです。これでサーバ管理者も安心してチャットに参加できそうですね。


MOONGIFTはこう見る

FacebookではWebブラウザ上でのメッセージはもちろんのこと、スマートフォンアプリやSkypeさらにXMPPでのチャットもサポートされています。結果としてFacebookにデータは集約されるものの、その接続経路は任意という形です。

ユーザの利用形態を問わず使えるのは便利なことです。オープンなプロトコルを採用することで、既にあるライブラリを多数利用できます。そういった点からもオープンなプロトコル採用のメリットはあると言えます。

Profanity, a console based XMPP client

boothj5/profanity

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2