ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

gifkoboはnode.js/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

ここ最近また人気を取り戻しつつあるのがGIFアニメーションです。動画とはまた違う楽しみ方、趣があり映画やテレビの一場面をアップロードするような使い方も行われています。そんなGIFアニメーションを写真から簡単に作成できるのがgifkoboです。


起動する際に写真のあるディレクトリを指定します。そうすると自動的にサムネイルの生成が開始されます。


こちらがメイン画面。サムネイルが左に並んでいますので生成するフレームの順番でクリックしていきます。


そうすると右側にリアルタイムにプレビューが表示されます。


速度の設定もできます。


後はサイズを決めてGET GIFボタンを押すと画像が生成される仕組みです。

gifkoboはGifBoomというアプリに似た画像選択のUIになっています。また、画像は後からドラッグアンドドロップで追加することもできます。プレビューはCanvasを使っています。なお動作はGoogle Chromeのみとなっているようです。


MOONGIFTはこう見る

GIFアニメーションを作るとなるとイラストをパラパラ漫画風に書いていくか、数秒の動画を短くスクリーンショットを撮影して繋ぎ合わせるのが一般的です。しかしどちらも手間がかかるのが否めません。そこでGifBoomではカメラを使って素材を作れるようになっています。確かにこれならちょっと動かして撮影して、また少し動かして…といった作業で素材が作れます。

そもそもGIFアニメーションの場合、動画並の動きは求められないためコマ送りレベルでも十分です。その手軽さがウケているのではないでしょうか。昔からたくさんのアイディアが培われてきた分野ですが、まだまだ新しい楽しみ方、作り方がありそうです。

uiureo/gifkobo · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2