ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

mysqlenvは異なるバージョンのMySQLをインストールしたり切り替えられるインストーラーです。

最近プログラミング言語はrvmやnodebrewなどユーザ環境下でインストールできてバージョンの切り替えが簡単に行えるものが流行っています。そんな環境切り替えをMySQLでも行えるようにするのがmysqlenvです。


インストールします。


installコマンドで指定したバージョンのMySQLがインストールできます。

mysqlenvが対応しているのは3.23、4.0、4.1、5.0、5.1、5.5、5.6系となっています。特に5.5系はMariaDB、Percona、Twitterが選べるようになっていますので、それぞれのDBの特性をチェックするのに使えそうです。起動や停止、切り替えはコマンドから簡単にできます。

mysqlenvはBashスクリプト製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

今から新規でサービスを立ち上げる際に3または4系や選択するということはないと思いますが、既に存在するサーバの場合は話が違います。これまで3系で動かしてきたサービスがDBを切り替えてもちゃんと動くかどうかテストする際にmysqlenvのような環境切り替えツールは役立つでしょう。

MySQL5.5ではOracleの買収もあって、MariaDBをはじめとする派生版が幾つか登場しています。TwitterやPerconaではSSDに対する考慮も行われているようです。そうした環境下で使う際にどれくらいのパフォーマンスの違いがあるかチェックしてみるのは面白そうです。

shim0mura/mysqlenv · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2