ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SkullはBashの中でRuby風にオブジェクトを扱えるようにしてしまうソフトウェアです。

BashはサーバやMac OSXなどで誰しもが使っているかと思います。しかし記述がレガシーな感じで書きづらいと思ったことも多いはず。そこで使ってみたいのがBashをOOにしてくれるSkullです。


Skullを読み込みます。


strという文字型オブジェクトを定義します。そうするとlengthなんてメソッドが使えるようになります。


upcaseで大文字になったり。


methodsなんてメソッドまであります。


OSのバージョンも取れます。


System.osでmacと返ってきます。

SkullはRubyのようなオブジェクトをBashに提供してくれます。Bashがいきなりモダンな感じになって、面白いソフトウェアです。

SkullはBash製、GPL v3のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

レガシーにはレガシーの良さがあると思いますが、それでは満足できない人は必ずいます。甘んじて我慢する人が多い中、技術力をカバーしてしまうすごい人たちがいます。まさかBashがオブジェクト風になるとは思いもしなかったです。

こういったマニアックなソフトウェアは一般受けはしないでしょうが、開発者が見ればそのすごさが分かるはずです。そうした開発者の中で一目置かれる存在になれるならば取り組む価値が十分にあるのではないでしょうか。

tomas/skull · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2