ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CarotDAVはWebDAVをはじめ各種クラウドストレージに対応したフロントエンドソフトウェアです。

最近は様々なクラウドストレージサービスが出ていますが、それらを同じように扱えるようにするフロントエンドソフトウェアがCarotDAVです。


メイン画面です。


各種プロバイダーが選択できます。


Dropboxに接続します。


登録しました。


次はSkyDriveです。


接続されました。設定は保存されます。


Dropbox内のファイルをブラウズできます。


コンテクストメニューです。


SkyDriveも同じように使えます。

対応しているのはWebDAVの他、FTP/FTPS、クラウドストレージとしてDropbox、SkyDrive、Google Drive、Box、SugarSyncに対応しています。アップロード/ダウンロードのレジューム、自動分割ができます。ポータブル版もあるのでUSBメモリに入れておいても便利そうです。

CarotDAVはWindows用のソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

クラウドストレージのプロバイダーが増えれば、当然それをまとめる(メタ化する)ソフトウェアが出てくるでしょう。おそらく近い将来には複数のクラウドストレージを透過してくれるソフトウェアも出てくる可能性があります。それを使えば無料枠だけで数十GBのストレージが手に入るでしょう。

プロバイダーはそれぞれ差別化を図っていますが、やはりDropboxの手軽さが抜きん出ている印象があります。他は結局、Dropboxのようなサービスとしてまとまってしまっている感があります。玉石混淆であれば、当然まとめあげてストレージとして使うのが良いように見えます。

via Connect to Dropbox, SkyDrive, Google Drive, SugarSync, Box and FTP from a single desktop client, with CarotDav — freewaregenius.com

麗の小屋 - WebDAV Client CarotDAV -

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2