ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ClassicMapはiOS5当時のマップアプリを彷彿とさせる地図アプリです。Googleマップを使えます。

ついにAppleがiOS6のマップについて謝罪し、サードパーティのマップアプリをお勧めするようになりました。しかしみんなが欲しいのはiOS5以前のマップアプリではないでしょうか。そこで使ってみたいのがClassicMapです。


地図表示例。まさにiOS5時代のマップ!


電子コンパスも使えます。


地図はApple、Googleマップを切り替えられます。


ドロップもできます。


地図表示を切り替え。

ClassicMapはルート案内こそないものの、Googleマップを使った表示や電子コンパスにも対応しており、ほぼあのままの操作ができるようになっています。このアプリはまず審査を通ることはないと思われますので、開発者が自分のiPhoneにひっそりと入れておくと良いのではないでしょうか。

ClassicMapはiPhone用Objective-C製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

マップアプリの件については珍しくAppleが弱気になっているように見えます。とは言え彼らの目指すべき世界があるため、Googleマップに戻ったりすることはまずないでしょう。現状のマップアプリを他社との提携や買収、人員追加を通じていかに早く整備していくかが問われています。

個人的にはあまりにも対応が弱腰のため、本気で整備してくるのではないかと思っています。そうなれば半年または一年間で十分使えるレベルの地図になる可能性があります。今は笑っていられるサードパーティも一気に追いつかれるのではないでしょうか。

kishikawakatsumi/ClassicMap

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2