ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Applesoft BASIC in JavaScriptはApple IIに搭載されたBASIC言語をJavaScriptで実装したソフトウェアです。

小学生くらいの頃、はじめて触ったプログラミング言語がBASICでした。10とか20とかいう行数の数字、難解なコードになる原因のGOTO文など懐かしいです。そんなBASICの派生言語の一つ、Applesoft BASICをJavaScriptで再現したのがApplesoft BASIC in JavaScriptです。


まずは基本のHELLO WORLD。


PONGです。ただしゲームオーバーにはなりません。


HANGMANもあります。実際に遊べます。


こんな感じのグラフィックスも描けます。


インタラクティブに入力しながら試す事もできます。


カラーサンプルです。

Applesoft BASIC in JavaScriptの再現性はかなり高いように見えます。結果画面も色合いといいフォントといい、良い味わいになっています。デモプログラムもたくさん用意されていますので、色々試してみると良いでしょう。

Applesoft BASIC in JavaScriptはJavaScript製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Webブラウザは基本的にJavaScriptのみをプログラミング言語としてサポートしています。Java、ActionScript、.NETもありますがいずれもプラグインとして動作します。Dart、JSX、CoffeeScriptもありますが最終的には変換してJavaScriptになります。

状況を改善する手段は主に二つあり、別な言語で書いてJavaScriptに変換する方法(Dartなどと同じです)とJavaScript上で他の言語を実装するという方法です。後者の試みはRuby、PHPそしてBASICと各種言語に広がっています。いずれも非常に面白いプロジェクトです。

Applesoft BASIC in JavaScript

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2