ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FlambeはHaxeを使い、FlashとHTML5での出力に対応したゲームフレームワークです。

Webブラウザ向けゲームというと、Flashがまだまだコンテンツ量が多いです。とはいえ今後はHTML5を使ったものも増えていくでしょう。そこで注目したいのがFlambeです。コンパイルすることでFlashとHTML5両方に対応したゲームが出力できるというフレームワークです。


デモアプリです。FlashとHTML5版が用意されています。


HTML5もFlash版同様にさくさくと動きます。


これはノベルゲームのデモです。


マウスを追従してくるゲームです。


クリックでボールまたはボックスが落下してくるデモです。


人形が飛び交うデモです。Flash、HTML5ともにFPS 60近い数字を出していました。こちらはFlash版。


こちらはHTML5版。


シューティングゲームもあります。

FlambeはHaxeを使って作られています。そのため、JavaScriptやFlashへのコンパイルが可能という訳です。サーバサイドのロジックはJavaScriptに変換され、node.jsで動作するようになっています。HTML5の場合はCanvasタグを使い、Flashの場合はStage3Dを使ってゲームを描画する仕組みです。

FlambeはHaxe製、BSD Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Haxeは個人的にそれほど注目していなかったのですが、一つのコードからJavaScript、Flash、NekoVM、PHP、C++、C#、Java(間もなくサポート)へ変換できるプログラミング言語になっています。iOS、Android、Windows Mobileへの対応もできるようになっています。言語としてはActionScript3に近い文法を備えているとのことです。

クロスプラットフォーム対応とあってゲーム開発で用いられることが多いようですが、FlashとHTML5によってデスクトップをサポートし、さらにiOSとAndroidがサポートできるならば十分と言えるかも知れません。開発もここ数ヶ月で盛り上がっているようなので注目したいフレームワークです。

デモ一覧:Home · aduros/flambe Wiki

aduros/flambe

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2