ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

revisitはツイートをビジュアル化してその関連性をグラフ化するソフトウェアです。

Twitterでは毎日たくさんの人たちが様々な話題について話しています。そこから自社の製品やサービス、時事的なキーワードについて検索すると世の中の変化が読み取れてとても面白いです。それをビジュアル化したソフトウェアがrevisitです。


MOONGIFTでTwitter検索した結果が表示されます。


RTされているとラインが引かれます。


Replyされていると緑色のラインになります。

revisitはFlash製のソフトウェアで、Twitter検索を使って指定したキーワードでツイートを取得します。キーワードは複数設定可能です。そしてデータを日付ごとに並べて、その関連をラインで示してくれます。ツイートがどう広がっていくかなど、Twitterの面白さを再認識するのにぴったりなサービスです。

revisitはFlash製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Twitterは140文字という制限があるため、英語圏では一度に詰め込める情報が少なく、普及が留まってしまっている傾向があります。とはいえ色々なイベント(今で言えばオリンピックでしょうか)ではツイートの多さに注目が集まるなど話題性はあります。何よりFacebookと違って公開情報であるため伝搬力がより強いと言えます。

だからこそその情報の繋がりに注目が集まるのでしょう。何気ない一言が影響力を持った人にRTされたために一気に広がっていったりする可能性があります。revisitについて言えば複数のワードを用意しておいて、それぞれのツイートの伝搬力をテストするといった使い方もできそうです。ビジュアル化することでこれまでは見えていなかった情報も分かるようになるはずです。

moritz.stefaner.eu - revisit

デモ:moritz.stefaner.eu - revisit - demo

MoritzStefaner/revisit

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2