ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FGalleryはiOS用のフォトギャラリーアプリです。

iOSには写真を楽しむアプリがとても多いです。自分でもそんなアプリを作ってみたいと思ったならばFGalleryを参考にすると良いかもしれません。


メイン画面です。3つのタイプに分かれています。


まずローカル。アプリ内の写真を表示しています。


一覧のタイル表示です。


こちらはリモート。外部の写真をURL指定で表示します。


こちらはカスタム。ボタンをカスタマイズして設置しています。

FGalleryはシングルタップによるフルスクリーン化、ダブルタップでのズーム、ピンチによるズーム、キャプション表示、サムネイルグリッド表示、回転のサポート、ローカルまたはURLによる画像読み込み、タブバーのカスタマイズに対応しています。

FGalleryはObjective-C製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

iOSにおいて写真だけで見せるアプリは多くありませんが、人気のあるアプリは大抵写真を用いたものになっています。それだけ写真の持つポテンシャルと大きいのでしょう。自作のアプリがあるならば、そこに写真を結びつけるとどうなるか考えてみるのも面白そうです。

とは言え単に写真を撮るだけでは人気は出ません。Instagramのようなフィルター機能やPathのようなビジュアル、miil.meのような特化型などコンセプトを重視する必要があります。写真というコンテンツからアプリを考えてみると新しいアプローチが見つかるかもしれません。

gdavis/FGallery-iPhone

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2