ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mobile Safari InspectorはMobile Safariの表示画面に対してデスクトップブラウザを使ってデバッグできるソフトウェアです。

WebKitにはJavaScriptやHTMLのデバッグを行うインスペクタが内蔵されています。それをiPhone/iPadのMobile Safariでも使えるようにするのがMobile Safari Inspectorです。


iPadのシミュレータで任意のサイトを表示します。


デスクトップのブラウザからアクセスするとインスペクタが表示されます。


こんな感じでJavaScriptを実行することもできます。


iPad側でアラートが出ます。


iPhoneでも同様に使えます。


表示しているページの一覧が出ます。


構造をたどれます。選択しているDOMがハイライトします。


ネットワークも使えます。


スクリプトも使えます。


JavaScriptで色々調べるのも簡単です。

Mobile Safari Inspectorを使えばスマートフォンやタブレット向けのシステム開発が容易になりそうです。なおプライベートなAPIを使っているため、App Storeへ出すことはできません。また、WebSocketを使っていますが最新のChrome向けには対応しておらず、Safariからのみ接続可能でした。

Mobile Safari InspectorはiPhone/iPad用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)になります。


MOONGIFTはこう見る

iOS向けのWebサイトを開発している場合、ユーザエージェントを変更してもそれなりの表示は行えますが、タッチ操作やピンチ操作、拡大した時の感覚などはやはりシミュレータや実機で行わなければなかなか分かりません。そこにさらにJavaScriptが関わるととても開発が難しくなります。

Webアプリケーションの開発においてFirebugやインスペクタの存在はとても大きいです。これがなかったら未だにアラートを出してデバッグしていたかも知れません。その生産性の貢献度を知っていれば、Mobile Safari Inspectorを使わない手はまずないでしょう。

lazerwalker/Mobile-Safari-Inspector - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2