ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

JucieはiPhoneのカメラとページ送りの自動認識を使って書籍を自炊するソフトウェアです。

書籍を自炊して電子書籍化する時には本を裁断してドキュメントスキャナーで読み込ませるのが一般的ですが、一旦裁断すると戻せないのが欠点です。そこでiPhoneを使って裁断せずにカメラを使ってページを撮影してくれるのがJucieです。


作業風景です。上の段、中央のカメラが一番スムーズに動きます。下段の大きな画像は認識された(撮影された)ページのようです。


撮影された画像です。JPEGで保存されます。作業が下手すぎてぼけてますが…


こうやってピントがある程度合う時もあります。かなりコツがあるようです。


指が写ってしまうことも…

Jiucieの別名は最速自炊カメラです。その名の通り、ページをぱらぱらとめくっていくだけで自炊できてしまうという魔法のようなソフトウェアです。非破壊自炊を目指す方はぜひ使ってみてください。

なお使い方はREADMEにありますが「まずは服を脱いで全裸になります。」「自炊したい本をテーブルの上などに配置します。」「Jucie を起動します。」「iPhoneのカメラを本に向けて固定できる形で設置します。」「用意ができたら右下のスイッチを ON にする。」「あとはひたすら本をめくるだけ!」となっております。全裸の必要性は不明ですが、精神集中するためと思われます。ぜひ風邪などひかれぬよう頑張ってください。

Jucieはソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていないソフトウェアになります。


MOONGIFTはこう見る

iPhoneをドキュメントスキャナーにするというアイディア自体は昔からあります。ただJucieの面白い点はOpenCVを使うことで自動的にページをめくったタイミングを認識して撮影を行ってくれるということです。本を切らないということは両手で左右を抑えておく必要があるのでこのアイディアは秀逸です。

Googleブック検索で使われているのは自動的にページをめくって撮影を行うハードウェアですが、Jucieを使えば似たような装置ができるかも知れません。大量のページをめくるのは大変だと思いますが、自動撮影という技術は他にも活かせる場所があるかも知れません。

sumihiro/Jiucie - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2