ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

YouTube video downloader for SafariはSafariの機能拡張として動作するYouTubeダウンローダーです。今は動かないようです。

筆者環境ではうまく動かなかったのですが誰かが直してくれることを期待してご紹介。随時やり方が変わっていくYouTubeの動画ダウンロード方法。YouTube video downloader for SafariはSafariの機能拡張として動作するYouTubeダウンローダーです。


インストールします。公式サイトでパッケージを配布しています。


インストールしたところです。


動画を見るとDownload Videoボタンが追加されるようになります。


本来であればDownloadの右に動画の品質順にリンクが並びます。そして右クリックから保存を選択してダウンロードできます。

筆者が試したところ、Flash版の画面ではダウンロードボタンが出ず、HTML5を有効にして観ないといけませんでした。とはいえボタンは表示されるものの、ダウンロードのリンクが出ないので別な問題(または設定があるようです)。YouTubeのデザインも細かく変わっているので、そこで引っかかっているのかもしれません。

YouTube video downloader for SafariはSafari用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)になります。


MOONGIFTはこう見る

YouTube動画のダウンロードについては色々な情報が見つかるものの、古い情報では今のサイト形式に対応していなかったりします(YouTube video downloader for Safariもそうでしょう)。キャッシュから拾うのが正解かもしれませんが、それも面倒です。

YouTubeに限らずWebサイトは日々形状が変わっており、その中では一時は正解であったものも時間が経つと不正解になっていることがあります。ずっと使える手法は少ないですが、YouTube video downloader for SafariのようなDOMを書き換える手法はWebデザインの変更に対してあまりにも弱いです。利用する際にはそうした状況の変化に対しても強いかどうかを考えつつ採用するのがいいと思います。

Jonathan is a nerd: YouTube video downloader for Safari 5

jonathanboom/YouTube-video-downloader-for-Safari - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2