ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Guard::PassengerはRackアプリケーションを監視して必要なタイミングでPassengerを再起動するソフトウェア。

Guard::PassengerはRuby用のオープンソース・ソフトウェア。Ruby on RailsをはじめとするRackアプリケーションが普及するきっかけになった要因の一つにPassenger(mod_rails)があったのは間違いない。Apacheモジュールになったことでとても簡単に使えるようになった。


デフォルトの監視対象

そんなPassengerではシステムを変更した際にサーバを再起動する必要がある(tmp/restart.txtを書き出す等)。開発版では大半のコードは再起動なしで反映されるが、設定ファイルなどは別だ。そんな時の再起動に手間を感じていたがGuard::Passengerを使えば解決しそうだ。

Guard::PassengerはPassengerと連携して動作するソフトウェアだ。指定したディレクトリ内のファイル変更を感知するGuardを使って指定ディレクトリが変更されたタイミングでPassengerを再起動してくれる。デフォルトではconfigとlibディレクトリを監視する。

再起動したタイミングで通知する機能や、自動でPingを打って初回起動を行ってくれる機能もある。Guard::Passengerの良さとしては必要になった時に自動で行ってくれるという点だ。プログラマーはより開発作業だけに没頭できるようになるだろう。


MOONGIFTはこう見る

コンピュータは指定された同じ作業だけを行うのに特化している。新しいアイディアは出てこないが、決まった作業であれば完璧にこなす。普段面倒だ、と感じる作業があればどんどんコンピュータに自動化してもらうべきだろう。Guardはファイルの変化を監視するので、色々な場面で役立つのではないだろうか。

繰り返しの定型作業はどうしたって飽きがくる。その飽きが注意力を低下させてミスを生む。そういう作業をどんどん見つけてどんどんシステム化していくべきだ。それが結果として空き時間を生み出してより生産性の高い作業に振り分けられるようになるのだ。

guard-passenger | RubyGems.org | your community gem host

guard/guard-passenger - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2